Please enter your username and email address. Get new password
Register Now
x

Dot Hacker 'Inhibition' Out Now

00

レッチリのジョシュ・クリングホッファー率いるドット・ハッカー 待望のデビュー・アルバム

ジョシュ・クリングホッファーがフロントを努めるDot Hackerの初のフル・アルバム「Inhibition」は2009年3月-10月にかけてレコーディングされました。エンジニアはJohn Frusciante「The Empyrean」を手がけた Adam Samuels。Adamの自宅兼スタジオでアットホームな雰囲気のなか録音されたようです。10/3のジョシュの30歳の誕生日に完成。その後彼のレッチリ加入によりリリースまでに3年の月日が経ちました。そしていまやっと日の目をみる事ができたのです。リリースにおいては友人のSteven McDonald(OFF!, Redd Kross)の大きな協力があったようです。

“これはとても正直な作品だと思う。僕たち4人があの時創り出した素晴らしい空間を表現したものなんだ。とても誇らしく思っている、そんなアルバムだよ。そしてこうして命を与えられたことをとっても嬉しく思うよ。Dot Hackerの音楽が音的にも感情的にも人々に語りかけ、心に響くことを祈るよ” – ジョシュ・クリングホファー

LAミュージックシーンでのなかでも癖のあるミュージシャン達とコラボレートしてきた4人ならではの、それぞれの音楽的背景、個性、オタクさが最大化され独特の世界観を創りあげている。疾走感溢れるドラム、重くダークにうねるベース・リフのなか、浮遊するJoshのギター・リフは印象的で、Clint Walshの泣きのギターは静かにエモーショナルに語りかける。またJoshの妖艶ともいえるボーカルが、ときにアバンギャルドに、ときにシンセ音かのように絡み合う。全体を通してバンド音とシンセ音が絶妙な配分かつ複雑に絡み合った奥深い音創りだなと思う。

Label site:ORGMusic

0 thoughts on “Dot Hacker 'Inhibition' Out Now”

Leave a Reply